貧富の差が激しいフィリピンと、必要最低限の収入は

フィリピンには観光スポットなどもたくさんありますから、すでにあらかじめ渡航したことがある方でしたらある程度フィリピンの生活環境などは予想がつくかも知れません。

ただし、観光で出かけてキレイなホテルに宿泊したりした際の印象と、実際に現地で生活をするのでは少し事情が違うことも頭に入れておかなくてはなりません。

まず、フィリピン国は非常に貧富の差が激しいところであり、現地の方々の平均生活レベルを割り出すのが難しかったりもするのです。

大きな会社を経営していて高給なコンドミニアムに住み、近代的な生活をしている方もいれば、毎日食べるものに困っている方もいるからです。

もし日本人がフィリピンにて仕事をしながら生活をする場合には、日本円にして十五万円ほどあれば家族を養いつつ不自由なく暮らしていくことが出来るでしょう。

日本では月給が十五万円だったら、東京などの都市部でしたら一人暮らしでもかなりキツキツの生活を強いられるかと思いますが、フィリピン人にとって十五万円をもらって生活するのであればかなりの富裕層に分類されるのです。

毎月十五万円を稼ぐのは、普通に仕事をしているフィリピン人には到底無理なことだったりもします。

フィリピンの物価は日本とは比べ物にならないくらいに安いですから、十五万円でも充分に余裕のある生活をすることが出来るのです。

もしも一人暮らしであれば、かなり安定した生活になるはずです。