フィリピンで海外営業の仕事をしたい、この業界にチャンスあり

bizman
フィリピンにおける求人情報の中でもよく目に付くものの1つが、この海外営業という仕事です。

フィリピンには、日本からも商事会社や貿易系の企業が進出していますので、たくさんの仕事があります。また、ITインフラ系の企業も多く、フィリピンを拠点に東南アジア一帯を営業エリアとして活動しています。

こうした状況から、フィリピン国内はもとより周辺国へ出張して営業を行うスタッフの必要性が常にあるのです。

様々なタイプの企業が海外営業の求人を出していますが、商事会社や貿易関連、ITやソフトウェア開発といった業界で増えているのが傾向です。

海外営業の求人情報を見てみると、求人への応募条件としては、該当する業界での営業経験があることと、英語が堪能であることの2つを主なポイントとしてあげています。

営業経験は具体的な年数を挙げていない企業もありますが、たいがいは3年以上か5年以上の実務年数を提示しています。できれば日本国内だけでなく、外国における経験があるとなおさら有利でしょう。

英語力としては、ビジネス英語、日常会話どちらのレベルも相当高いものが求められます。

そして、いろいろな文化の人に顧客として対応していくことになりますので、どんな人とでもうまくやっていけるコミュニケーション能力があることや、自立して物事を判断し仕事ができるという資質が求められるでしょう。

全体的に見ると、海外営業の給与は高めです。年収ベースでは350万円から450万円くらいの幅の求人条件が多くなっています。(フィリピン求人サイトを辿って確認を)

年俸制としている企業も多く、実績を挙げることができれば、次の年の収入アップの可能性もあります。

頑張りが給料に直結するシステムですので、やりがいがある仕事となるでしょう。また、海外に頻繁に出張することになりますので、出張手当や日本への渡航費用援助などの待遇を得られる求人もあります。