フィリピンでの賃貸相場、住居の選択肢と仲介依頼先とは

日本人がフィリピンでの就職や転職をする場合、一般的なフィリピン人が生活している住居はたとえ家賃が安くてもなかなか生活することは難しいかと思います。

そのため、そうしたローカルアパートでも割とキレイ目のところだったり、ほとんどの場合がコンドミニアムやサービスアパートメントなどになるのではないでしょうか。

選択肢はいろいろとありますから、ご自身のお給料や使うことが出来るお金、さらには単身者なのかご家族と一緒にフィリピンで生活をするのか、駐在員か現地採用かなど人それぞれの違いに合わせて適している住居を選ぶ必要があります。

単身者の場合には、1LDKの一人暮らしで大体10,000~30,000ペソ程度(日本円にして26,000円~78,000円程度)の住宅に住むというケースが多いようです。

これくらいのレベルでしたら、きちんとセキュリティガード付きのコンドミニアムを選択することが出来ます。

また、物件によっては一ヶ月ずつの支払いではなく、まとめて半年分や一年分の家賃の前払いを求められることもありますので、そういった条件をきちんと交渉するようにしてください。

海外では、ご自身で何かを購入したり、契約するといったときにすべてまずは交渉することから始まりますので、フィリピンで住居を借りるときも同様、不動産仲介業者に条件交渉を相談することを忘れないようにしてください。

交渉の際には、英語でももちろん大丈夫ですし、日系不動産会社なら日本語でもOKですので、ご自身一人での交渉も問題ないでしょう。