フィリピンで海外営業の仕事をしたい、この業界にチャンスあり

bizman
フィリピンにおける求人情報の中でもよく目に付くものの1つが、この海外営業という仕事です。

フィリピンには、日本からも商事会社や貿易系の企業が進出していますので、たくさんの仕事があります。また、ITインフラ系の企業も多く、フィリピンを拠点に東南アジア一帯を営業エリアとして活動しています。

こうした状況から、フィリピン国内はもとより周辺国へ出張して営業を行うスタッフの必要性が常にあるのです。

様々なタイプの企業が海外営業の求人を出していますが、商事会社や貿易関連、ITやソフトウェア開発といった業界で増えているのが傾向です。

海外営業の求人情報を見てみると、求人への応募条件としては、該当する業界での営業経験があることと、英語が堪能であることの2つを主なポイントとしてあげています。

営業経験は具体的な年数を挙げていない企業もありますが、たいがいは3年以上か5年以上の実務年数を提示しています。できれば日本国内だけでなく、外国における経験があるとなおさら有利でしょう。

英語力としては、ビジネス英語、日常会話どちらのレベルも相当高いものが求められます。

そして、いろいろな文化の人に顧客として対応していくことになりますので、どんな人とでもうまくやっていけるコミュニケーション能力があることや、自立して物事を判断し仕事ができるという資質が求められるでしょう。

全体的に見ると、海外営業の給与は高めです。年収ベースでは350万円から450万円くらいの幅の求人条件が多くなっています。(フィリピン求人サイトを辿って確認を)

年俸制としている企業も多く、実績を挙げることができれば、次の年の収入アップの可能性もあります。

頑張りが給料に直結するシステムですので、やりがいがある仕事となるでしょう。また、海外に頻繁に出張することになりますので、出張手当や日本への渡航費用援助などの待遇を得られる求人もあります。

フィリピンと繋がる海外求人、こんな募集が見つかる!

フィリピンにはたくさんの日本人が住んでいて、同国に進出している日系、外資系の企業も多く存在します。

そのため、ありとあらゆる業種の仕事がありますが、日本人スタッフが求められることが多い海外求人は、飲食店と観光業でしょう。

日本人をメインのターゲットとした飲食点もありますが、広くフィリピン人や外国人を対象としたレストランも出ています。

調理師の求人もちょくちょく見かけることができ、比較的良い待遇で募集がかかります。

また、店舗のデザインや社員教育、サービススタッフとしての求人も見つけられます。さらに、ホテルや旅行代理店からの求人も観光都市を中心に多く出ています。

飲食店における求人では、調理師の募集がでることがあります。

やはり日本の味のレベルを維持したいという企業がほとんどですので、調理師免許を持っていることや、実際に当てはまる料理の分野での経験を積んでいることなどが見られます。

サービススタッフなどの場合は、さほど特別なスキルは求められませんが、サービス業にふさわしく明るく親切な対応ができるかどうかが重要でしょう。

さらに、店舗立ち上げスタッフなどの募集においては、店舗経営の経験があるなど、実際にこうした仕事に携わったことのある人が求められています。

観光業では、やはり英語が上手に操れることや、顧客への接遇がしっかりとしていることが重視されるでしょう。

飲食業では特に調理師の待遇が良い傾向にあります。特に本格的な日本料理店などの場合は、20万円を超す給与を提示するケースもありますので、スキルを十分に活かすことができます。

英語ができなくても大丈夫という条件がほとんどですので、待遇面でも評価されていることが分かります。新店立ち上げなどに携わるスタッフも比較的待遇が良く、住居手当やしっかりとして保険の提供などが契約に含まれていることがあります。

フィリピン転勤ありの海外求人は日本の会社から出てるのか

■フィリピンへの転勤がある海外求人の概要
フィリピンへの転勤を考えているのであれば、やはり同国に支社を持つ企業を選択しなければなりません。

たくさんの企業が存在しますが、中でもソフトウエア開発やITソリューション系の企業がその活動範囲を広げています。

こうした企業では、エンジニアを中心に海外営業や会計士、通訳などの業種で求人を出していますので、幅広い人材が必要とされています。

さらに、飲食業においても出店攻勢が続いていますので、この業界でフィリピンへの転勤を希望しても良いでしょう。

新店の進出やメニューの作成などにおいて能力がある人材、そして英語力があるというのであれば、より可能性が高くなります。

日本における仕事の方法とは異なる面が多いので、順応力に富んでいることや自立して仕事を行っていけるビジネスマン、というのがこうした仕事に求められるでしょう。

また、高い英語力とコミュニケーション能力があることも重要で、仕事そのものができるだけでは、現地でうまく仲間や顧客とやっていけないことも出てくるでしょう。

いろいろな求人の詳細を見てみると、希望する分野での実経験があることを募集要件としているケースがほとんどです。

そのため、まずは日本で実務経験を積んで、転勤に応えられるように自分を磨いていくのが重要でしょう。そして、フィリピンへの転勤願いを熱意を込めて出すようにすると良いでしょう。

■給与や待遇面
給与は基本的に日本における給料体系が採られることが多くなっています。

そのため、フィリピン国内における給料水準から比べると、とても余裕のある待遇を受けられます。

また、日本からの転勤ということで、住居手当や家族の教育費に関する援助などが契約に含められることも多く、しっかりとした生活環境を整えられるのもメリットでしょう。日本へ里帰りするときの交通費が出るかどうかなど、細かや待遇面の項目もチェックするようにしたいものです。

海外求人の中からフィリピン採用を探すには?

日本人が海外求人とりわけフィリピン国での仕事を探す場合には、まずはやはり日系企業からアタックしていくのが良いでしょう。

日本に本社を持つ企業がフィリピンに支社やオフィスを構えている場合もありますし、日本人の方がフィリピン国内に設立した会社もあります。

こうした現地採用の求人情報自体は日本国内でも入手することが出来ますから、実際にご自身でフィリピンに足を運んで情報を探し歩かなくてはならないわけではないのです。

日本の大手企業のフィリピン支社やオフィスの他にも、システム系の小規模から中規模の会社、さらには現地に特化した制作の仕事をしている会社など、内容はさまざまです。

中には、数は少ないのですが日本国内で面接を受けることが出来る企業もありますから、そういったものであればわざわざ面接のためだけに現地に赴く必要もありません。

駐在員として仕事をするならば、やはり専門的な高いスキルや経験が求められるのは間違いありませんが、特に今までこれといった経験がない方だったり、駐在員にこだわりが無い方の場合には現地採用という選択肢をチョイスしてみても良いのではないでしょうか。

フィリピンに住みたいから駐在員として働きたいと思っていても、求人数は決して多くはありませんし、企業の進出状況や景気によって求人数には増減があります。

それならば、フィリピンの現地採用の仕事で海外の仕事の経験を積んでみるのも一つの手でしょう。

フィリピンの就労ビザの取りやすさ、流れ

日本人がフィリピンに渡航して現地にて仕事をしたい場合や、ご自身でビジネスをおこしたい場合には、就労ビザを取得する必要が出てきます。

フィリピンはその他の国で発行される就労ビザに比べて、非常に取りやすいとも言われることがありますが、就労ビザの申請は個人的におこなうのではなく、雇用先となる会社がおこなう必要があります。

申請先は、移民局になります。

フィリピンでの仕事を希望しているからといって、日本にいるときに個人的に就労ビザを前もって申請しようと思っても出来ませんから、まずは就職先を見つけて採用してもらうことから始めないとなりません。

就労ビザを申請してから実際に取得できるまでには結構時間がかかってしまうことが多く、3ヶ月から6ヶ月程度を見ておいた方が良いでしょう。

現地に行った上で自分の足で仕事先を見つけて観光ビザから就労ビザに切り替えよう…と思っていると、就職先がなかなか決まらなかったり、決まったとしても就労ビザの取得に時間がかかってしまい正式に働くことが出来るまでに時間もお金も随分使ってしまったということになりかねませんから、そうなってしまわないように気をつけましょう。

現地採用としてではなく、日本の企業の駐在員として働く場合であれば、就労ビザに関することもすべて日本の企業がサポートしてくれますので心配は要りません。

また、就労ビザの申請の前には、外国人労働許可証を得る必要もあります。

貧富の差が激しいフィリピンと、必要最低限の収入は

フィリピンには観光スポットなどもたくさんありますから、すでにあらかじめ渡航したことがある方でしたらある程度フィリピンの生活環境などは予想がつくかも知れません。

ただし、観光で出かけてキレイなホテルに宿泊したりした際の印象と、実際に現地で生活をするのでは少し事情が違うことも頭に入れておかなくてはなりません。

まず、フィリピン国は非常に貧富の差が激しいところであり、現地の方々の平均生活レベルを割り出すのが難しかったりもするのです。

大きな会社を経営していて高給なコンドミニアムに住み、近代的な生活をしている方もいれば、毎日食べるものに困っている方もいるからです。

もし日本人がフィリピンにて仕事をしながら生活をする場合には、日本円にして十五万円ほどあれば家族を養いつつ不自由なく暮らしていくことが出来るでしょう。

日本では月給が十五万円だったら、東京などの都市部でしたら一人暮らしでもかなりキツキツの生活を強いられるかと思いますが、フィリピン人にとって十五万円をもらって生活するのであればかなりの富裕層に分類されるのです。

毎月十五万円を稼ぐのは、普通に仕事をしているフィリピン人には到底無理なことだったりもします。

フィリピンの物価は日本とは比べ物にならないくらいに安いですから、十五万円でも充分に余裕のある生活をすることが出来るのです。

もしも一人暮らしであれば、かなり安定した生活になるはずです。

フィリピンでの賃貸相場、住居の選択肢と仲介依頼先とは

日本人がフィリピンでの就職や転職をする場合、一般的なフィリピン人が生活している住居はたとえ家賃が安くてもなかなか生活することは難しいかと思います。

そのため、そうしたローカルアパートでも割とキレイ目のところだったり、ほとんどの場合がコンドミニアムやサービスアパートメントなどになるのではないでしょうか。

選択肢はいろいろとありますから、ご自身のお給料や使うことが出来るお金、さらには単身者なのかご家族と一緒にフィリピンで生活をするのか、駐在員か現地採用かなど人それぞれの違いに合わせて適している住居を選ぶ必要があります。

単身者の場合には、1LDKの一人暮らしで大体10,000~30,000ペソ程度(日本円にして26,000円~78,000円程度)の住宅に住むというケースが多いようです。

これくらいのレベルでしたら、きちんとセキュリティガード付きのコンドミニアムを選択することが出来ます。

また、物件によっては一ヶ月ずつの支払いではなく、まとめて半年分や一年分の家賃の前払いを求められることもありますので、そういった条件をきちんと交渉するようにしてください。

海外では、ご自身で何かを購入したり、契約するといったときにすべてまずは交渉することから始まりますので、フィリピンで住居を借りるときも同様、不動産仲介業者に条件交渉を相談することを忘れないようにしてください。

交渉の際には、英語でももちろん大丈夫ですし、日系不動産会社なら日本語でもOKですので、ご自身一人での交渉も問題ないでしょう。

フィリピンの気候と服装をチェック、何故か長いクリスマスも

フィリピンの季節は乾季と雨季の2種類のみで、気候は1年を通して暑いです。ただ、マニラなどの都市では屋内で寒すぎるくらいに冷房を効かせているところもあるので、長袖の上着を1枚持っていると何かと便利でしょう。

また、夏から秋にかけて日本へやって来る台風はフィリピン沖で発生していますが、フィリピンでは台風に注意が必要です。後は雨季に激しいスコールが1日に1回くらい来る事がありますが、ほとんどは少し雨宿りしていれば通り過ぎて行きます。

面白い事に、フィリピンでは9月に入るとクリスマスが始まります。いわゆるSeptemberから始まるber monthと言われる9月から12月の間は、ずっとクリスマスの曲を聴く機会があちこちであるでしょう。

日本人にとっては、何故9月にクリスマスなのか不思議に思いますが、フィリピン人はお祭り好きなのかもしれません。

クリスマスにはputo bumbong(プト ボンボ)と言う竹に入れて作るお菓子を食べる習慣があり、これはクリスマス近くだけしか売っていないので、見かけたら、ぜひ食べてみる事をお勧めします。

このお菓子と、後はbibingka(ビビンカ)というココナツミルク味のマドレーヌも、ここならではの味です。

フィリピンでは、誕生日にパスタを食べる習慣もあります。スペイン統治時代の名残りなのでしょうか。
気候風土を探して見ると普段日本人が知らないような習慣がたくさんあると思います。
ぜひあなた自身で、見て感じてみて下さい。

働きに行くとしても絶対行くべき観光地を紹介します

フィリピンは東南アジアに位置する島国です。たくさんの島で構成されていて、島々の移動にはフェリーが使われています。

今日、日本では東南アジアへの海外旅行がブームになっていますが、フィリピンもそのブームに乗っています。そんなフィリピンの有名な観光地をご紹介します。

まずは首都マニラに来たなら絶対行くべきところ、マニラ大聖堂です。マニラの中心部に位置します。ロマネスク様式の聖堂で、大きなドーム状の屋根とステンドグラスを持つ荘厳な雰囲気が特徴です。基本的には外も聖堂の中もゆっくり見学できますが、運悪くミサをしているときに当たってしまうと中に入れないこともあります。

次はボホール島にあるチョコレート・ヒルというところです。港からは遠い場所にあります。50メートル弱の山々が約1000個連なっていて、それらが真っ茶色になるのでチョコレート・ヒルと名づけられました。一つ残念なところは、夏に行くとその山々が茶色ではなく真緑なことです。それでも、神秘的な光景に感動しますし、何よりボホール島を一望できる展望台もあるので楽しめます。

このように。フィリピンには語りつくせないほど観光地がたくさんあります。是非、スコールにあっても大丈夫なように傘を持って観光してみてください。